ブックメーカーの税金対策:ブックメーカーで得た収益は確定申告が必要?会社にバレない?

更新日:

ブックメーカーといえば、スポーツ賭博ができるサイトの事を指します。そんな、ブックメーカーですが、まだまだ日本では馴染みが少ないのが現状です。

そこで本記事では、日本においてブックメーカーで儲けたお金が確定申告が必要なのか調べてみました(^^)/

ブックメーカーで得た収益も確定申告の対象だが...

 

最近は、日本政府も副業を推進する動きが出ており副業を解禁する大手企業も目立ってきました。実際に、会社員をやりながら、副業で何百万円も稼いでいる人が数多くいるのは事実です。

ただそこで問題なのは税金対策です。私たち一般のサラリーマンにとって、どの収入が税金の対象になるのか?また、どれくらいの金額で税金の対象になるのか?などがさっぱり分からないところです。

ブックメーカーもそうですが、ネットで稼いだのは誰にもバレないよね...なんて頭によぎったりもしたりするのではないでしょうか?

 

ブックメーカーで稼いだ収益も課税対象になる!

 

では、実際にブックメーカーで稼いだ収益が課税対象になるのかという事です。結論から言うと、ブックメーカーで稼いだ収益も課税対象になり、確定申告の必要があるという事です。

確定申告において、ブックメーカーで稼いだ収益は「一時所得」という分類になります。ブックメーカーに限らず、副業で稼いだ収益は一時所得として申告する義務が出てくるのです。

ただし、いくら収益があるといっても、数百円とか数千円の収益しかないのに申告をしなければいけないのかというと、それもまた違います。

問題なのは、ブックメーカーでどれくらいの収益を得たのかという事です。詳しくは以下を参考にして下さい。

 

ブックメーカー収益の確定申告は〇〇万円以上から!

 

上記でも触れたようにブックメーカーで得た収益は一時所得です。一時所得がある場合、確定申告が必要になってくる金額の目安は以下の通りです。

 

年間20万円以上の利益が出た場合には、必ず確定申告が必要と定義されています。(20万円丁度は確定申告の必要がない)

ただし、年間20万円以上といっても、あくまで年間の利益額ですあくまで20万円というのは収入から経費を差し引いた額なので勘違いしないようにしたいところです。

また、ブックメーカーの勝ち金合計(負けた金額を除く)が50万円未満の場合は確定申告する必要はないのでほとんどのユーザーは確定申告をする必要性がないという事です。

 

あくまで、ブックメーカーで確定申告が必要なのは、アフィリエイトなどでブックメーカーを紹介している一部のユーザーに限られるでしょう。(例えば、以下の記事で紹介しているように...)

 

ブックメーカーの賭けで負けた金額は経費に計上できるの?

 

私もネットでの副業は長年取り組んでいるので、確定申告の方法などについても色々と調べてみます。その中で間違った情報がネットで出回っているあえて紹介しておきます。

間違った情報というのは、確定申告で計上する費用にブックメーカーの賭けで負けた金額を参入してしまうという事です。

ブックメーカーの賭けで負けた金額は、間違っても経費には参入できません。ですが、なぜかネットでは負けた金額も費用に参入して良いという間違った情報が流れているのです。

その間違った情報を鵜呑みにしたユーザーが、更に他のユーザーに間違ったまま情報を共有しているようです。

どうしても分からない時は、税務署の職員に直接聞いてみるべきです。ネットの情報というのはかなり曖昧でいい加減な情報が多いですからね(苦笑)

 

ネットの副業はパチンコなどの収益と違いバレやすいかも。。。

 

本記事ではブックメーカーに限定して話をしましたが、基本的に日本でギャンブルをしてすべて課税対象になります。例えば、皆さんが良く知るところで言うとパチンコやスロットなどです。

でも、パチンコやスロットなどで得た収益を馬鹿正直に確定申告している人って見た事ないですよね(笑)

理由はパチンコやスロットはその場で現金の受け渡しを行う為、証拠が残りにくいという特徴があります。後々、調べようがないという事です。

それに対し、ネットで行う副業は取引履歴がネット上の記憶されます。ネット上に記憶されるという事は、もし、税務署からがさ入れがあった時、バレやすいという事です。

先ほども触れたように、ネットの副業で一定額以上の収益がある場合は確定申告をするべきなのです。間違っても、ネットだからバレないだろうと安易に考えない事です。

実は私の知り合いもネットで副業をしているのですが、ある日突然、税務署から職員がきてガサ入れをしといっていました。そうなったら、一貫の終わりですから、やはり確定申告はしっかりと済ませておくべきですねΣ(・ω・ノ)ノ!

 

確定申告の時期っていつ頃だっけ?時期は早めがいいの?

 

恐らく、個人事業主の方は良く知っていると思いますが、一般会社員のように確定申告になれていない方の為に”確定申告の時期”について触れておきます。確定申告の時期は、予め確認しておくべきです。

確定申告の時期を逃していまうと面倒ですし、だからと言って時期に行けばOKかと思いきや、驚くほど込んでいたり、自分の不手際で出直しなどとなってしまう可能性もあります。

2019年の確定申告の場合、時期は2019年2月18日(月)~3月15日(金)です。(2019年1月23日現在法令等)この期間内であれば、税務署の窓口が開いていない土日や時間外でも申告書を提出することができます。

気になる方は、その年度ごとの確定申告の時期を早い段階で調べておくことをおすすめします。基本的に確定申告の時期はネットで直ぐに検索ができるはずです。

どうしても忙しくて税務署へ行く時間が取れないという場合は、郵送やオンライン上で電子申告を行うという選択肢もあります。不手際がないよう、早め早めの行動をとる事がおすすめです(^^)/

 

確定申告をするとネットの収入が会社にバレる?

 

最近は少なくなってきていますが、未だに副業を禁止している会社もあるかと思います。そうなると、確定申告したせいで会社の上司にバレるのではと不安に思う方もいるはずです。

実はネットで収入を得ると、一時所得が発生し住民税からの納税義務が発生します。住民税の納税方法は大抵、給与から天引きされる特別徴収するタイプです。自分で支払いをする普通徴収というタイプもありますが、それはまれです。

そのため、本業と副業のどちらも特別徴収となっている場合、本業と副業の両方の収入から算出された税額が会社に通知されてしまいます。これが副業がばれるもっとも大きな原因です。

 

 

ですから、確定申告でオンラインカジノによる副業をバレてくない時は、確定申告の際に「住民税に関する事項」の欄を必ず「自分で納付」にしておく事をおすすめします。

ただ、ブックメーカーをプレイすること自体、日本では何ら違法行為でも何でもありません。ですから、私としては仮に上司に見つかっても堂々と答えても良いのではないかと思います。

あくまでブックメーカーは合法的に遊べます。それを怪しいとか違法という上司がいたとしても、それはブックメーカーについて無知な人の意見と思うべきでしょうね(笑)

ブックメーカーをやるもやらないも、全て自己責任ですから、何もこそこそする事はないはずです。

 

以上、ブックメーカーの税金対策:ブックメーカーで得た収益は確定申告が必要?会社にバレない?...という話でした。

 

オンラインカジノは日本語対応&スマホで遊べる!

 

オンラインカジノは、日本において幅広い層から支持を受けるようになりました。

オンラインカジノは、完全日本語対応でスマホでも気軽にプレイできます。

以下に、おすすめのオンラインカジノを載せておきます。ぜひ参考にして下さい。

 

 

おすすめカジノ!

 

ベラジョンカジノ

初心者おすすめ度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
クレジット対応 ★★★★★

 

カジノシークレット

キャッシュバック ★★★★★
トーナメント数 ★★★★★
サイトの明瞭性 ★★★★★

 

チェリーカジノ

初心者おすすめ ★★★★★
ゲーム掲載速度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★

 

インターカジノ

国内外の知名度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
高額入金ボーナス ★★★★★

 

エンパイアカジノ

VIPにおすすめ ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
クレジット対応 ★★★★★

 

Copyright© オンラインカジノのおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.