カジノ法案(IR推進法案)成立で統合型リゾート施設がどこにできるか?候補地をチェック!

投稿日:

恐らく皆さんもテレビのニュースなどでカジノ法案(IR推進法案)が成立した事は知っているのではないかと思います。ですが、未だにカジノに抵抗を持っている方も多いようです。

そこでカジノ法案の詳細について詳しく調べてみました(^^)/

カジノ法案(IR推進法案)とは、いったい?

 

カジノ法案とは、いったいどんな法律なのか?

多くの方はカジノ場がどこかにできると思っているでしょう。ですが、ただ単にカジノ場ができるだけでしたら、闇カジノとさほど変わらないですよね。早く言えば法律でOKされているかどうかくらいで。。。

当然、今回のカジノ法案はそんな単純なものではないのです。具体的にカジノ法案について調べてみると、ネットでは以下のように記載されていました。

 

カジノ法案の概要

▼統合型リゾート施設イメージ▼

※動画再生時、音が出ます※

 

カジノ法案は、正式名を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、略して「IR推進法」とも呼ばれます。

日本では2016年12月に国会で決議され、日本で初めてカジノ場を設置する法的な根拠が与えられたといえます。この法律により、日本のいずれかの地域に統合型リゾート施設が建設され、地域の活性化につながると期待されています。

ここで、多くの方が効きなれない言葉で統合型リゾート施設という言葉が出てきたと思います。いったいどんな施設課というと、以下の通りです。

 

統合型リゾート(とうごうがたリゾート、英称:Integrated Resort、略称:IR)とは、国際会議場・展示施設などのMICE施設、ホテル、商業施設(ショッピングモール)、レストラン、劇場・映画館、アミューズメントパーク、スポーツ施設、温浴施設などと一体になった複合観光集客施設のこと。日本においては、地方自治体の申請に基づきカジノの併設を認める区域を指定して設置される予定である。

 

つまりですが、一言でカジノ法案が成立したからと言って、そのまま街中にドンとカジノ場ができるという訳ではないのです。上記の動画の様に商業施設の中の一角にカジノ場を伴設するという事です。

恐らくはカジノ法案と聞いてギャンブルと毛嫌いしている方の多くは、この点を多きく勘違いしているのではと思われます!

 

カジノ法案成立で統合型リゾート施設の候補地はどこに?

 

では、その統合型リゾート施設ですが、どこが候補地として立候補しているのかというのが気になるところです。

現在の候補地は北海道、千葉、東京、神奈川(横浜)、大阪、宮崎、長崎、沖縄です。中でも現在は北海道、大阪、神奈川(横浜)が特に有力な候補地と見られています。

私(愛知県在住です)としては北海道にできると旅費だけでかなりの負担になってしまいますから、できれば大阪あたりにできてもらえればという気がします。

 

カジノ法案成立による経済的なメリットとは何なのか?

 

しかし、疑問なのは今まで日本と言えばカジノ場は賭博法により禁じていました。それがなぜ、カジノ法案により統合型リゾート施設を建設する事に躍起になっているのかという事です。

理由は言うまでもなく経済効果です。統合型リゾート施設を建設する事により経済効果は年間約2兆円に達すると予想されています。何を根拠かは私もよく分かりませんが・・・

ただ、統合型リゾート施設を建設する事で国内だけでなく、海外からの観光客の獲得にもつながると予想されています。タイプの旅行客が宿泊可能なため、多数の観光客を誘致できるとの事です。

また、統合型リゾート施設のカジノが生み出す利益で、建設の為に税金を引き上げることなく巨大な施設を建設できるとしています。また、地元への雇用の提供や消費の押し上げなどの経済効果をもたらすとの事です。

いったいどこまで、この予想がどこまで現実になるのか?私自身も疑問に思えなくもないのですが(;^ω^)

 

カジノ法案による「ギャンブル依存症対策」はどうなっているの?

▼ギャンブル依存症の解説動画▼

※動画再生時、音が出ます※

 

カジノ法案に成立に伴い多くの方が気にしているのが経済効果以上に「ギャンブル依存症対策」ではないかと思います。確かに、カジノとギャンブル依存症は切っても切り離せない関係にあります。

ですが、実はですがカジノ場がまだ建設されていない今の日本は、ギャンブル依存症率が世界的にも異様に高いのです。つまり、カジノ法案成立以前の問題ともいえるのです。

よくよく考えてもらいたいのは、日本の街中にはパチンコ屋がいたることろにあるはずです。これってそもそもギャンブル場みたいなものですよね。これって日本特有のものですし、ギャンブル依存症対策ってなにもやっていないですよね(苦笑)

なのに、カジノ法案が成立した途端、「ギャンブル依存症対策は大丈夫か?」と叫ぶのはおかしいのではと思うのです。ギャンブル依存症対策が本当に必要なのは統合型リゾート施設ではなく、パチンコ屋ではと私自身は思っているのです(; ・`д・´)

 

以上、カジノ法案(IR推進法案)成立で統合型リゾート施設がどこにできるか?候補地をチェック!...という話でした。

 

オンラインカジノは日本語対応&スマホで遊べる!

 

オンラインカジノは、日本において幅広い層から支持を受けるようになりました。

オンラインカジノは、完全日本語対応でスマホでも気軽にプレイできます。

以下に、おすすめのオンラインカジノを載せておきます。ぜひ参考にして下さい。

 

 

おすすめカジノ!

 

ベラジョンカジノ

初心者おすすめ度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
クレジット対応 ★★★★★

 

カジノシークレット

キャッシュバック ★★★★★
トーナメント数 ★★★★★
サイトの明瞭性 ★★★★★

 

チェリーカジノ

初心者おすすめ ★★★★★
ゲーム掲載速度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★

 

インターカジノ

国内外の知名度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
高額入金ボーナス ★★★★★

 

エンパイアカジノ

VIPにおすすめ ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
クレジット対応 ★★★★★

 

Copyright© オンラインカジノのおすすめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.