オンラインカジノは確定申告が必要?損失額は経費に計上できる?税金の正しい計算方法について

投稿日:

オンラインカジノは娯楽の反面、実際にお金のやり取りをする収益源の側面も待ちます。そうなると、気になるのが確定申告による税金対策です。黙っていれば、そのうち追徴課税の対象になるのではと不安にもなるでしょう。

そこで、本記事ではオンラインカジノの確定申告について詳しくまとめてみました。不安の解決になればと思います!

オンラインカジノに確定申告は必要なのか?

 

先ずはですが、オンラインカジノに確定申告が必要かどうかについて触れておこうと思います。多くの方はオンラインカジノを娯楽としてとらえている事でしょう。ですから、副業という意識は殆どないと思います。

では、娯楽なら確定申告は必要ないのでは?と思えてくるところですが、決してそんなことはありません。オンラインカジノもある一定以上の収益があれば確定申告が必要です。

基本的にオンラインカジノで儲けた賞金等いのは「一時所得」としてみなされ、課税対象になります。もしくは「雑所得」で申告しても通るかもしれません。

 

パチンコなどは確定申告が必要ないのに、何でオンラインカジノは?

 

上記で触れたようにオンラインカジノは間違いなく一定額以上で確定申告が必要です。では、そこで疑問なのは他のパチンコやスロットなど他のギャンブルで儲けた人はしていないのになぜという事です。

理由は、オンラインカジノがネット上で取引する為です。私たちに税務署の監査が入る事がなくても、オンラインカジノ側、つまり運営者側に監査が入った場合、高額賞金の獲得者がまるわかりになるのです。

一方、パチンコやスロットを始め他のギャンブルはその場での現金受け渡しです。何も履歴が残りませんから、税務署の監査も入りようがないという事です。

厳密には他のギャンブルも確定申告は必要ですが、オンラインカジノが他のギャンブル以上に慎重にならざるを得ないのはその為です(´・ω・`)

 

オンラインカジノの賞金はいくらから確定申告が必要?

 

では、オンラインカジノで確定申告をする時に一番多くの方が心配するポイントをまとめておきます。まず何と言っても、いくらから確定申告をすればよいのかという事です。

オンラインカジノなどの一時所得は、年間20万円以上の利益が出た場合に、必ず確定申告が必要と定義されています。(20万円丁度は確定申告の必要がない)

ただし、年間20万円以上といっても、あくまで年間の利益額です。20万以上稼いでも、経費を差し引いて20万以下なら確定申告の必要はないという事です。

また更にいうと、オンラインカジノの勝ち金合計(負けた金額を除く)が50万円未満の場合も、確定申告する必要はありません。

 


●経費を差し引いて年間20万円以上の利益が出た場合
●負けの額を引かずに勝ち金合計50万円以上の場合

 

オンラインカジノの確定申告計算例:正しい税金対策

 

では、オンラインカジノで稼いで賞金と経費を確定申告で計上する方法を調べていきましょう。

●所得税法第34条第2項
『一時所得=総収入-総支出-特別控除額(最高50万円)』

●所得税法第22条第2項第2号
『一時所得×1/2=所得税』

 

上記のような計算式になります。以下に具体的な計算方法の解説を付けておきます。

 

『一時所得=総収入-総支出-特別控除額(最高50万円)』

先ず、総収入ですが、言うまでもなくこれはオンラインカジノから得た賞金の残高です。これはそのままで特に難しい事はないです。問題は損失額です。実はオンラインカジノなどのギャンブルは、損失額を支出額として計算に入れることができないのです。

つまり、総支出というのはベラジョンカジノで負けた額ではなく、それ以外のネット環境などにかけた経費などが計上されるという事です。パソコンやスマホ代などですね。

 

『一時所得×1/2=所得税』

そして、一時所得の中から税金の対象となるのは、その半額です。このように、一時所得は一時所得×1/2=所得税でわりだされた税金を、ふだんの仕事で得た所得と合計して税率計算し確定申告することになります。

よく分からないという時は、税理士に相談してみたり、税務署で職員の方に詳しく指導を受けながら慎重に作業をすするめるのが良いかと思います(^^)/

 

オンラインカジノの損失額を経費に入れないように注意!

 

上記でも触れたようにオンラインカジノで出た損失額は経費(総支出)として計上はできません。

ですが、私がネットでオンラインカジノの確定申告について調べているといい加減な情報が数多くありました。中には何を根拠に言っているのか分かりませんが「損失は経費でOK」などと平然と言っている方も人までいるのです。

確定申告は税金に関するお金のやり取りです。それを根拠のない情報を発信して周りの判断まで誤らせるのは本当に無責任としか言いようがないです。私もそれを見た時はかなりムッときました(; ・`д・´)

確定申告で分からない時は、税理士など専門家に聞いて的確なアドバイスを求めるようにしましょう。因みに以下のサイトなら、税理士に無料で相談できます。

 

確定申告の対象期間は?確定申告はいつ行う?

 

会社員の方は、恐らく確定申告辞退したことがないはずです。ですから、確定申告の時期というのも、いまいちピンとこないのではないかと思います。

確定申告の対象期間は1月1日から12月31日までの1年間です。そして、その年の確定申告を行うのが、その翌年の2月16日から3月15日の間となります。この時期が近づくと確定申告のポスターをよく見かけるはずです。

ただし、一度でも確定申告に行けば分かるのですが、税務署には長蛇の列ができています。おまけに、書類に不備があれば、後日、再びその長蛇の列に並ばなくてはいけないのです。めちゃくちゃ面倒くさいです!!

油断していると、期限をすぐてしまうかもしれませんから、確定申告をする時は早め早めの行動をおすすめします(^^)/

 

 

確定申告に必要な書類のチェック!

 

そして、確定申告に必要な書類も確認しておきたいところです。オンラインカジノの取引履歴が全て必要なのかと思う方もいますが、基本的には収支の正確な残高さえわかれば全ての取引履歴は必要ありません。

  • 源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)
  • 支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取る)
  • 経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)

「支払調書」に関しては、オンラインカジノのサポートに直接問い合わせて受け取る、もしくは、自身で収支明細をプリントアウトすると良いでしょう。マメな方なら自分で内容をしっかりとメモするでもありでしょう。

書類を用意した後は、普通に確定申告を行うだけです。正直、確定申告をしたことがないという方は、かなり不安に感じるものです。実際に私もそうでしたから気持ちはすごく分かります。

ですが、よくよく考えれば税務署ないですから、サポートスタッフの方に何でも質問できます。何でも気軽に聞くだけでよいので、あまり難しく考える必要はないでしょう(・∀・)b

 

会社で副業禁止されている方は要注意!

 

オンラインカジノは、やっと日本でも認知されるようになってきました。ですが、やはり年配の方はまだまだ抵抗があるように思えます。ですから、中には会社の上司などにバレたくはないという方もいるはずです。

そんな時は、確定申告書の2面、【給与所得税の他の所得にかかる住民税の徴収方法】という欄にある【普通徴収】にチェックを入れるべきです。ここにチェックを入れないと勤め先の会社に通知が行く場合がありますΣ(・ω・ノ)ノ!

そうなれば、上司にぐちぐちと小言を言われる可能性も無きにしも非ず。。。

あくまでオンラインカジノはプライベートでの娯楽という事ですから、会社の人間が鑑賞するところでないのですが、それでも面倒な上司には気づかれたくはないところです(笑)

少なくとも、チェックを入れておけば、住民税徴収票が自宅に届くようになります。企業にお勤めの方は必ずチェックするようにしましょう!

 

以上、オンラインカジノは確定申告が必要?損失額は経費に計上できる?税金の正しい計算方法について...という話でした。

 

オンラインカジノは日本語対応&スマホで遊べる!

 

オンラインカジノは、日本において幅広い層から支持を受けるようになりました。

オンラインカジノは、完全日本語対応でスマホでも気軽にプレイできます。

以下に、おすすめのオンラインカジノを載せておきます。ぜひ参考にして下さい。

 

 

おすすめカジノ!

 

ベラジョンカジノ

初心者おすすめ度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
クレジット対応 ★★★★★

 

カジノシークレット

キャッシュバック ★★★★★
トーナメント数 ★★★★★
サイトの明瞭性 ★★★★★

 

チェリーカジノ

初心者おすすめ ★★★★★
ゲーム掲載速度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★

 

インターカジノ

国内外の知名度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
高額入金ボーナス ★★★★★

 

エンパイアカジノ

VIPにおすすめ ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
クレジット対応 ★★★★★

 

Copyright© オンラインカジノのおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.