ベラジョンカジノで逮捕?オンラインカジノの過去の逮捕事例

更新日:

ベラジョンカジノは日本の最大手のオンラインカジノサイトです。その事実は、間違いもないのですが、多くの方が気にするのは合法なのか?それとも違法なのか?という事です。

 

 

それもベラジョンと調べると「逮捕」という、何やら気になるキーワードまで出てきます。なぜ、この様になったのかという調べてみると・・・

ベラジョンカジノで逮捕される事はないです!

 

もしあなたが、これからオンラインカジノを始めようと考えているのであれば、少なからず、それが合法か?それとも違法か?と考えた事も一度くらいはあるのではないかと思います。実はいうと私もそこに関してはかなり不安に感じました。

先ず、オンラインカジノが合法か違法かについては結論から言っておくと合法でも違法ででもないという事です。つまり違法でもないので逮捕されるということはないと言うことです。

少し分かりにくいかと思うのでもう少し分かりやすく説明しておくと、オンラインカジノのサイトを運営している会社は海外で特許を取っています。そして、その会社の所在地も海外です。そのサイトを日本人である私たちが使用しても違法ではなくなるのです。

意外と多くの方が混同していますが、例えば、日本国内でマージャンなどでお金をかけるとそれは賭博法が適用されます。日本国内でギャンブルをした扱いになるからです。しかし、海外のオンラインカジノを使っても、決して日本の賭博法は適用されないのです。

実際に日本でオンラインカジノをしていた方が警察に起訴されそうになった際の裁判の内容があるので、以下に紹介しておきます(^^)/

 

日本でオンラインカジノを使用した判決事例!

 

先ずは、実際に過去にあったオンラインカジノに関するトラブルを紹介しておきます。以下は警察がどの様にオンラインカジノを判断したかの内容です。

3月10日、京都府警サイバー犯罪対策課などは、海外で開設された無店舗型オンラインカジノで賭博をしたとして、大阪府などの3人を単純賭博容疑で逮捕した。
無店舗型オンラインカジノで利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。
逮捕容疑はインターネットで接続するオンラインカジノ「スマートライブカジノ」で2月18~26日、「ブラックジャック」で賭博をしたとし、全員が容疑を認めたとのこと。
スマートライブカジノは、英国に拠点を置く登録制のオンラインカジノであり、日本語版サイトは2014年9月頃に開設された。日本語版の一当たりの売上高は約95万円(年換算では約3.5億円)。
利用者は会員登録し、クレジット決済の代行業者、電子マネーを通じて、外貨に換金し、賭博(賭け、払い戻し)する仕組み。
京都府警は2015年10月にサイトを発見。日本語版サービスは、ディーラーが日本人で、開業時間が日本時間の夕方から深夜に設定されていたから、京都府警は、事実上、国内の日本人向けにカジノが提供されていると判断。
クレジットカードの使用履歴などから容疑者を割り出した。

 

これに対し、警察から取り調べを受けた3名のうち2名は警察の取り調べに対し容疑を認め略式起訴という判断が下されました。略式起訴というのは、起訴されない代わりに罪を認めて、罰金などの刑に応じることです。ですから、2名は妥協したということです。

ですが、3名のうち1名は内容を不服として裁判で検察側の言い分と約10ヵ月の間争ったそうです。そして、裁判で不起訴処分を勝ち取った!という事です。実際にその内容は、その事案を担当した弁護士が自身のブログで紹介しています。( ⇒ 麻雀プロ弁護士津田岳宏のブログ )

 

賭博罪を専門とする弁護士として,新年早々非常に嬉しい結果を出すことができた。

私は昨年から,いわゆるオンライカジノをプレイしたとして賭博罪の容疑を受けた人の弁護を担当していたのであるが,これにつき,不起訴を勝ち取ったのである。

昨年,オンラインカジノをプレイしていたユーザー複数が賭博罪の容疑をかけられた。

彼らのほとんどは,略式起訴されることに応じて(これに応じるかどうかは各人の自由である)軽い罰金刑になることに甘んじたのであるが,そのうち1人は,刑を受けることをよしとせず,略式起訴の打診に応じず争いたいとの意向を示した。弁護を担当したのは私であった。

本件は,海外において合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノにつき,日本国内のパソコンからアクセスしたという事案である。

 

※文章が長くなる為、文章の中盤は割愛させてもらいます。もし読まれたい方は弁護士のブログに直接あ癖うしてもらえれば読めます。

 

本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。

言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。

営利の目的なく個人の楽しみとしてする行為を対象とする単純賭博罪の不当性をうったえ続けている弁護士として,この結果を嬉しく思う。そしてちょっぴり誇りに思う。

 

ですから、この様な判決事例が出る以上は、オンラインカジノで逮捕されるという事はないのです。当然、ベラジョンカジノは、日本のオンラインカジノの最大手ですから、勿論、安心して私たちも使用ができるのです。

 

 

 

オンラインカジノで、以前逮捕されたのはネットカフェの・・・

 

【その1】名古屋で逮捕者が出た事例

とある名古屋のインターネットカフェでは、お客を呼び込むために店舗内でオンラインカジノができるとして営業をしていたそうです。いわゆるインカジというものです。これは、分かりやすく言えばオンラインカジノを実店舗で遊べる形態をとったものであす。

ゲームの勝ち負けに応じてその場での現金精算をなってくれるという仕組みですが、感の良い方なら気が付くかと思いますがこれは間違いなく闇賭博であり”賭博法”に触れるものです。これが、どの様な経路で警察に漏れたかはわかりませんが、経営者は逮捕されたという事です。

 

【その2】大阪で逮捕者が出た事例

次に大阪で摘発されたドリームカジノの経営者が逮捕された事例です。なぜドリームカジノ自体はカジノを合法とする海外でライセンスを取得にも拘わらず、日本の賭博法に触れてしまったのかという事ですが、この場合はカジノの実質的な経営が日本国内で行われていたとの事です。

2012年から経営を続けており、会員数は約9500人。掛け金総額は19億2600万円という事です。恐らくはあまりに目立ち過ぎた為、警察からメディアに抑止力の為にあえて叩かれたとの見方もできます。ただ、この事例もオンラインカジノのユーザーに逮捕者は出ていません。

 

オンラインカジノでユーザーの逮捕者は出ていません!

 

最後に結論をまとめておくと、海外のオンラインカジノを使用する事でユーザーが逮捕されるという事は現時点であり得ません。それに、現に判決事例で不起訴処分が確定しています。ですから、安心してオンラインカジノを楽しむ事ができます。

なぜ、ベラジョンカジノと調べると逮捕だの、違法だのというキーワードが出てくるのかという事ですが、それは以前に賭博法を無視した経営者によるものだったといういう事です。正しく日本の賭博法を理解していれば、この様な事は起こりえない事ですが(´・ω・`)

 

以上、ベラジョンカジノで逮捕?オンラインカジノの過去の逮捕事例...という話でした。

 

オンラインカジノは日本語対応&スマホで遊べる!

 

オンラインカジノは、日本において幅広い層から支持を受けるようになりました。

オンラインカジノは、完全日本語対応でスマホでも気軽にプレイできます。

以下に、おすすめのオンラインカジノを載せておきます。ぜひ参考にして下さい。

 

 

おすすめカジノ!

 

ベラジョンカジノ

初心者おすすめ度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
クレジット対応 ★★★★★

 

カジノシークレット

キャッシュバック ★★★★★
トーナメント数 ★★★★★
サイトの明瞭性 ★★★★★

 

チェリーカジノ

初心者おすすめ ★★★★★
ゲーム掲載速度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★

 

インターカジノ

国内外の知名度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
高額入金ボーナス ★★★★★

 

エンパイアカジノ

VIPにおすすめ ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
クレジット対応 ★★★★★

 

Copyright© オンラインカジノのおすすめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.