ウィリアムヒルは日本で合法?ウィリアムヒルを日本でプレイすると逮捕される?

更新日:

ウィリアムヒルは、イギリスで15,000人以上の従業員数と2370店舗もの実店舗を誇る世界トップクラスのブックメーカーです。ウィリアムヒルは、イギリスでは知らない人もないほど有名で一般的です。

 

 

では、そんなウィリアムヒルですが、日本でプレイしても大丈夫なのかが気になるところです。違法で逮捕されたり知るのではと不安に思う方もいるのでは...

日本の賭博罪の定義について調べてみると!

 

近年、日本でもカジノ法案が可決されたことによりギャンブルに対する日本国民の関心もより高くなったように感じます。元々、日本には賭博法があり、政府が公認した賭博以外をすると刑罰の対象になります。

因みに、賭博法というのは略称で、正式には「賭博及び富くじに関する罪」といいます。

 

【賭博及び富くじに関する罪】

賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処せられる(刑法185条本文)。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは不処罰とされている(刑法185条但書)。常習賭博罪と区別する目的で、単純賭博罪とも呼ばれる。

賭博罪が成立するためには、当事者双方が危険を負担すること、つまり、当事者双方が損をするリスクを負うものであることを要する。従って、パーティーなどで無料で行われるビンゴゲームのような、当事者の一方が景品を用意するだけで片方は負けても損をしない場合には賭博には当たらない。

判例・通説によれば、勝敗が一方当事者によって全面的に支配されている詐欺賭博は詐欺罪を構成し、賭博罪は成立しない(最判昭和26年5月8日刑集5巻6号1004頁)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

このように、日本には列記とした賭博に関する法律があります。

ですから、皆さんもスポーツを対象に賭け事をすれば(競馬、競輪、競艇などを政府公認のものを除く)、賭博法違反になると考えるのは当然でしょう。

そして、イギリスで人気のウィリアムヒルも、要はスポーツ賭博ですから賭博罪になると考えるのも、またいたって普通の事でしょう。。。

 

ウィリアムヒルは正規ライセンス取得の上場企業が運営!

 

上記の内容を見る限り、日本でウィリアムヒルをプレイするのは違法と考えるのが普通でしょう。ですが、結論を言うと日本でウィリアムヒルをプレイしても、決して違法にはなりません。

ウィリアムヒルの運営元はWHG (International) Limitedです。厳しい審査を受けジブラルタルというライセンスを取得しています。外部監査機関より月単位で厳しいテストを受けているので公平性なども徹底されています。

ブックメーカー社 = 社会的信用度の高い企業

と位置づけされ、銀行よりも企業として高い評価を受けているのがブックメーカー社であり、ウィリアムヒルです。ウィリアムヒルは77年の運営実績を持ち、ヨーロッパ圏に2000以上もの店舗を経営しており、抱える従業員数は、15,000人を超えます。

また、2002年にはロンドン市場に上場しています。上場もまた、厳しい審査を受けクリアした企業しかできません。ウィリアムヒルがいかに信用性が高いかの証拠です。

 

ウィリアムヒルが日本で賭博法に当たらない決定的な証拠!

 

ウィリアムヒルが正規ライセンス取得で、上場企業が運営しているといっても、それでも賭博法に当たるのではと疑う人もいるでしょう。そこで、賭博法に当たらない決定的な理由をまとめておきます。

以前、日本でオンラインカジノをプレイしたプレイヤー3人が京都府警に起訴される事件がおきました。その際に、2人は容疑を認め略式起訴されたそうです。ですが、そのうちの1人は略式起訴を不服とし、裁判で徹底抗戦をする姿勢を見せたのです。

その結果、見事その原告は裁判で不起訴処分を勝ち取ったという事です。詳しくは以下の記事にまとめておきました。

 

このように日本でオンラインカジノ及びブックメーカーをプレイしても違法ではないと裁判所も判断したのです。つまり、ネット上での賭け事なので、それが日本でのプレイに該当はしないと司法が判断したという事です。

これで安心してウィリアムヒルを心いくまで日本でプレイできるのではないでしょうか?

 

 

ウィリアムヒルは日本で合法的にプレイできるけど!

 

ウィリアムヒルは上記でも触れたように日本でも合法的にプレイできます。但し、忘れてはいけないのがギャンブル性があるという事です。ギャンブルというのは依存性があるという事です。

ウィリアムヒルをプレイするにしても、ギャンブル依存症にならないよう資金管理はしっかりとしたいところです。因みに、ウィリアムヒルの利用規約にも以下のように記載があります。

 

自分のギャンブルを制限したいという顧客のために、弊社では自発的制限方針を採用しており、この方針によりあなたは、あなたのアカウントを閉鎖するか、最低でも6ヵ月間の期間でサイトでのベットやゲームに関わる自分のギャンブル活動を制限することができます。 あなたは、この自発的な制限を最大で5年間の期間で、設定することを要請できます。 この自発的な制限を一旦設定すると、あなたは本項に記載される期間が終了するまで、いかなる状況にあってもアカウントを再び有効にすることはできません。 この自発的な制限が終了した時点で、あなたはカスタマーサポートに連絡することによって、サービスを再び利用する権利を有することになります。

 

ですから、どうしてもウィリアムヒルの賭けに熱くなり衝動的に資金をと解していまう場合は、上記のようにウィリアムヒルのサポートに問い合わせるのも良いかと思います(*^^*)

 

以上、ウィリアムヒルは日本で合法?ウィリアムヒルを日本でプレイすると逮捕される?...という話でした。

 

オンラインカジノは日本語対応&スマホで遊べる!

 

オンラインカジノは、日本において幅広い層から支持を受けるようになりました。

オンラインカジノは、完全日本語対応でスマホでも気軽にプレイできます。

以下に、おすすめのオンラインカジノを載せておきます。ぜひ参考にして下さい。

 

 

おすすめカジノ!

 

ベラジョンカジノ

初心者おすすめ度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
クレジット対応 ★★★★★

 

カジノシークレット

キャッシュバック ★★★★★
トーナメント数 ★★★★★
サイトの明瞭性 ★★★★★

 

チェリーカジノ

初心者おすすめ ★★★★★
ゲーム掲載速度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★

 

インターカジノ

国内外の知名度 ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
高額入金ボーナス ★★★★★

 

エンパイアカジノ

VIPにおすすめ ★★★★★
スマホ対応 ★★★★★
クレジット対応 ★★★★★

 

Copyright© オンラインカジノのおすすめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.